まとめ

中高一貫校へ進学することで得られるメリットとデメリットを考えた上で、子供に判断させるのがいいでしょう。もちろん、これらの情報は親御さんが調べてあげた方がいいでしょう。子供が自身で受けたいと申し出たときには十分にバックアップできるように、親御さんには多くの知識が求められます。何故なら最長で6年間は同じ学校へ通い続けなければなりません。家から遠い学校では徐々に通学すらもおっくうになります。

また、6年間、クラスメイトが変わらないタイプの中高一貫校があります。その為、中だるみがしやすくなります。子供の友人が中高一貫校へ進学希望をしている影響で子供が中高一貫校へ興味を持ったら、もしその友人が入学できなかったとき、友人と不仲になったときなどのネガティブな要素も考えさせる必要があります。これらの質問は試験科目の1つである面接にも影響があります。

面接では、志望動機を尋ねられますので、親御さんの質問に理路整然とした理由を持って答える、もしくは熱意を持って答えることが出来なければ入学は困難です。逆に親御さんが子供を中高一貫校へ入学させたいのであれば、子供の考える力や、読む力、書く力を育てるための生活習慣を子供にストレスなく刷り込む必要が出てきます。