面接

公立の中高一貫校では面接の試験があります。面接には保護者は同伴することができませんので、保護者が主導しての受験の場合ではぼろが出る可能性があります。適性検査と作文で手ごたえがあったとしても、面接で落とされる可能性があります。そのようなことを防ぐために、子供が本気で中高一貫校を目指しているのであれば、面接対策もしておいた方がいいでしょう。

面接対策として、一般的にハキハキ話す、姿勢を正しくして座る、マナーを大切にするような基本的な面接対策は当然として必要となります。そして、もっとも大切なのは質問に答える内容です。これはマニュアルだけではどうしようもありませんが、一般的に質問されやすいテーマというものがあります。それは、学校を志望した理由、将来の夢、好きな科目、自身の長所、小学校で頑張ったことです。

これらに一般的に質問される内容に対して、論理的にわかりやすく回答する力が求められます。事前の対策として、答える内容を作文として書くことが上げられます。論理的に破たんなく、志望動機などを答えることができれば、面接官の好感度はアップします。保護者が面接官役となり何回も練習をすることでブラッシュアップをして臨むことが望ましいです。