適正検査について

公立の中学校では、入学試験を行ってはいけいけません。日本は中学生まで教育を義務で受けなければならないと義務教育がありますので、学校教育法の規則により、学力検査による入学試験をおこなってはいけないと定められています。では、公立の中高一貫校なら無試験で入学ができるの?となりますが、入学試験の代わりに適性検査があります。また、私立の学校は学校教育法の規則には当てはまらないので入学試験があります。

適性検査ですが、基礎的な学力がなければ解答をすることができないようになっていますが、学力を見るためのものではありませんので、単純に学力を高めるだけでは意味をなしません。また、適性検査と併せて作文の課題が出されます。この2つにより子供の考える力や表現力を見るとしているのが適性検査です。詰め込み教育だけでは突破が難しいといえます。

これらの適性検査と作文の狙いですが、知識を詰め込んだだけの人間ではなく、自分の力で問題を解くことのできる能力とリーダーシップ能力を持つ子供、すなわち将来の日本をけん引することのできる能力を持った子供たちを見つけるための適性検査なのです。適性検査を突破した子供たちを6年をかけて立派な人材と育てるという理想があります。