入学目的は必要です

中高一貫校での友人関係で悩む子供たちが多く存在します。中高一貫校へ友達が進学をするから自分も同じ学校へ進学をしたいと言い出す子供がいるのも事実です。もし、言い出した子供が中高一貫校へ入学するほどの能力があり、親としても子供の申し出を叶えることができる程の金銭的余裕がある場合でも、このような理由では再考が必要です。

中学受験は学力を測らないといわれていますが、私立校としては難関大学へ進学して実績を作ってもらいたいので、学力を重視します。公立校は自身で考えて行動することのできる生徒を育てる為に学力のみならず勉強に取り組む姿勢も検査します。さらに社会動向へどれほどの興味を持っており、客観的に説明できるのか、そして思考できるのかも検査します。

ただ、これらの受験を突破するには塾へ通わせ、遊ぶ時間を削り対策をおこなう必要があります。たとえ、子供が無事中高一貫校に合格をしても友達が不合格であれば、子供は入学をしても中高一貫校で勉強する目的を失う可能性もあります。中高一貫校で新しい友人ができますが、不合格となった友人との仲は絶望的となる可能性があります。短期的な目的での入学はモチベーション低下に繋がり有益な生活を送れなくなる可能性があります。