モチベーションの維持

中高一貫校では、高校へ進学の際に外部から新しい生徒を入学させるタイプの学校があります。しかし、新しい生徒の入学がなく、本当に6年間顔ぶれが変わらない中高一貫校もあります。これは生徒からしてみれば、新鮮味がなくなり学業へのモチベーション低下に繋がる可能性があります。一般的な学校へ通っている生徒は高校受験がありますので、望むにしろ望まないにしろ学業へ力を入れます。

その為、中学入学まで勉強に興味がなかった者でも周囲の雰囲気に影響されて勉強を始めて、成績を一気に伸ばす生徒も存在します。生徒の中には自身で考え始めるのが高校以降となる方も存在します。そして高校へ入学してものんびりする間もなく大学受験となりますので、中高一貫校と比較した際、勉強をしなければいけない時期があり成績が劇的に変化する生徒がいます。

中高一貫校へ入学をするのであれば、モチベーションをどのように維持をするのか、という点が重要になる可能性があります。例えば、将来の夢がありそれを実現させるためには、中高一貫校がもっとも効率がいいという場合ならば、モチベーションの低下を防ぐことができます。ただ友達が中高一貫校へ進学するので、自分も進学するというのは再考した方がいいかもしれません。