いじめ問題

中高一貫校のデメリットを見ていきましょう。中高一貫校にはメリットもありますが、やはりデメリットも存在します。メリットだけのみを考えて、デメリットから目を逸らしますと6年間ストレスを抱えながら学校へ通うことになってしまいます。もしかしたら不登校になってしまい、学生生活を棒に振る可能性も否定できません。中等部が終わり、高等部へ進学をする際に外部の学校へ進学をしようとしましても、難しくなる可能性があります。

何故なら、中高一貫校では高校受験をおこなわないことが当たり前なので、高校受験の勉強をしません。受験の情報すら入ってきません。つまり、入学をする前に6年間、中高一貫校へ通い続けることができるのか、校風があっているのかを親御さんと共に考えましょう。親御さんは子供の将来を考えるあまり、子供へ押し付ける可能性もあります。それでは、入学も難しくなりますし、入学をしても子供にはストレスになってしまいます。

また、いじめの問題もあります。いじめ問題は絶対に関係ないという子供はいません。直接的にも間接的にも、いじめという問題に関わることがあります。多感な時期であり、閉鎖的な社会になりがちの中高一貫校ではその問題が顕著に表れてしまいます。