中高一貫校のデメリット

中高一貫校のデメリットはどのような点でしょう。中高一貫校はメリットも多いのですが、デメリットも存在します。中高一貫校の中には6年間クラスメイトが変わらないというタイプの学校があります。中等部から高等部へ進学する際に、高校入試を行い外部から新しい生徒を募集する学校もありますが、それをおこなわない学校があります。その結果、中だるみをしてしまい、新鮮味を感じなくなってしまうデメリットが中高一貫校にはあります。

また、中高一貫校では、多くの生徒が中等部から高等部へエスカレート式に進学をしますので、高校受験を意識することはありません。その為、高校受験を考える方は、高校受験に対する情報も受験に臨む雰囲気も味わうことができません。中高一貫校の教育方針や校風が必ずしも馴染むわけではありませんので、やはり高校受験を考える方がでてくるのです。その為、高校受験を考える方は不利になってしまいます。

6年間同じなので、学力による優劣を覆しにくくなり、やる気低下に繋がります。優秀な方は問題ありませんが、どんなに頑張っても頭打ちとなり定期テストのたびに下位の順位をとり続けるのですから、やる気を出せという方がコクというものです。