中高一貫校と塾

中高一貫校の入学受験を考える親御さんは、塾へ行かせなければと考えます。私立の中高一貫校ならば、学力重視なので、試験で点数をとることが出来なければ不合格になってしまいます。中には塾へ通わずに合格をしてしまう子供もいますが、私立の中高一貫校へ入学している子供の多くが塾へ通っています。では、塾へ通わなければ入学することができないのかといえば、公立の中高一貫校の場合は、塾へ通わなくても合格する確率が私立よりも高くなります。

これは、私立に公立が劣るということではありません。私立と公立とでは採点のポイントが異なってくることに起因します。もちろん学力は必要になりますが、それと同じく内申点や面接などの結果を重視している点が公立にはあります。公立の中高一貫校は日頃からの学ぶ姿勢や社会の動向への興味関心を客観的な視点に立ち語るという思考法や話し方ができると有利になります。

公立の中高一貫校は面接だけではなく、入学試験の内容も過去問を頼りに何度も反復学習をすることが、少々難しくなります。私立の中高一貫校は過去問題を反復して学習することで合格する可能性を高めますが、それができませんので、塾へ通うことも大切ですが、日ごろの生活態度の重要になります。