中高一貫校と親

中高一貫校の受験対策はもちろん小学生の内からはじめなければいけません。塾へ通うのも中高一貫校の受験対策としては必要です。特に私立の中高一貫校で、難関大学や医学部を受験しようと考えているのであれば、塾へ通い学力の底上げをしなければ、高倍率の入学試験をパスすることはできません。一方で、公立の中高一貫校は単純に学力が高いだけでは入学は難しくなります。

公立の中高一貫校を考えているのであれば、塾へ通い子供が頑張ることも十分に必要ですが、親の勉強に対する姿勢というのも審査の対象となる可能性があります。お金だけだしているから後は勝手に勉強してね、という教育方針ではいけません。常日頃から子供の興味関心を上手く引き出して積極的に勉強させる姿勢にしているかなど、面接によって判断します。

また、普段からどの程度、社会の動向に興味関心を持っているのかなども面接で尋ねられる可能性もありますので、親が率先して社会の動向に関心を持ち、些細なことでも子供と話しあうことも必要です。さらに主観的な話し方ではなく、客観的な話し方、モノの考え方ができるように育てるようにしましょう。このような考え方は、時間をかけなければ身につきません。中高一貫校への進学を決めたらすぐに実践してみるといいですね。