公立の入学試験

以前は学習指導要領の関係で、公立校は中高一貫校のようなシステムをとることができませんでした。中学校の教員が高校で習う範囲を教える、というのは指導要領からは外れていました。しかし、学習指導要領が改定されたことにより、公立高校でも中高一貫校のシステムを採用することができるようになりました。私立の中高一貫校は難関大学への入学などの実績が多くありますが、公立の中高一貫校は始まって私立よりも日が浅いので、これからどのような実績を上げるのかは未知数です。

公立の中高一貫校の入学試験ですが、単純に勉強ができれば入学できるというわけではありません。どちらかといえば積極的に勉強をする姿勢や家庭環境の中で育った生徒に合格を出す傾向があります。つまり、明確な受験対策をたてることができませんので、普段の生活や子育て面などの親のバックアップも必要になります。どれだけ、勉強から社会の動きなどに対して興味を持たせることができるのか、という点も重要です。

私立の中高一貫校の入学試験は、単純に学力があれば合格し入学できますので、対策をたてることもできます。難易度を見る側面は様々ですが、子育てや子供の性格にあった学校を選ぶのも必要です。