受験勉強の期間

中高一貫校のメリットは大学受験まで受験勉強をする必要がない点です。中学校へ入学してしまえばエスカレーター式に高校まで進学することができます。中学、高校と6年をかけて勉強をすることができるわけです。さらに一般の中学校の生徒のように高校への進学を機に校風ががらりと変わってしまい環境になじめないという心配もありません。また、中学校で習う範囲ではないので教師が教えることができないということもありません。

また、中学生の内から高校で習う範囲を学習することができますので、普通の高校へ進学した生徒が高校3年で習う範囲を、中高一貫校へ入学した生徒ならば高校2年の内に習います。そして、高校3年生では受験勉強一色となります。中高一貫校は有名な難関大学へ生徒が多く入学すればそれだけ有名となりますので、大学受験対策を普通の高校よりも密におこなう傾向があります。

エスカレーター式の中高一貫校は、高校受験がないので怠けると考えてしまわれがちですが、自分から積極的に学習をする姿勢を持つ生徒でなければ、入学試験を突破して中高一貫校へ入学することは難しいといえます。普通の高校よりも倍率が高くなりますので、勉強を怠けてしまうという危険性は低いといえます。