楽ではない入学

中高一貫校のメリットは、中学校へ入学してしまうと大学受験まで受験勉強がないということです。高校受験をきっかけに学問の楽しさに目覚める方もいます。そのような方からすれば高校受験がないというのは、中高一貫校のエスカレーター式に高校へ進学できるシステムはデメリットではないのかと考えるでしょう。ただ、中高一貫校へ入学するためには中学受験があります。つまり、受験の時期が早くなるだけであり、努力をせずに入学して楽に過ごすという中高一貫校への考えは少し異なります。

中学受験は小学校の内から勉強をして挑む試験です。この試験は単純に学力を見るような試験から積極的に勉強をする姿勢の有無を見るような試験まで幅広くあります。単純に学力を見るのは私立の中高一貫校に多くみられ、積極的に勉強をする姿勢をみる試験は公立の中高一貫校に多くみられます。

受験対策ですが、学力を上げるのも必要ですが、小学校低学年の頃から勉強ができる家庭環境になっていたのか、という点も重要となります。中高一貫校への入学を最終的に決めるのは子供ですが、小学校低学年から家族一丸となり中学受験へ挑む上、狭き門を多くに多くの受験者が集まるので高校受験よりも、中高一貫校への入学試験の方が難易度が高いといえます。