公立、私立の中高一貫校

中高一貫校とは、中高一貫校の中学校へ入学しますと高校受験をすることなく高校へ進学することができます。つまり、6年間同じ学校で勉強することができます。以前は中高一貫校というシステムは私立の学校が採用していました。その為、難関大学へ入学を考えるのであれば、中高一貫校という認識が一般的でした。何故かといいますと、中学生の内からすでに高校で習う範囲の学習をすることができたからです。

公立校は学習指導要領というものがあり、中学校では高校で習う範囲の学習をすることができなかったのです。つまり、中学生の内から高校で習う範囲を学習できるので、中高一貫校ではない学校よりも大学受験対策ができる期間が長くなります。その為、難関大学を目指すなら私立の中高一貫校にメリットがあるとされていました。

現在は、学習指導要領が見直され公立校においても中高一貫校のシステムが多く採用されるようになっています。公立の中高一貫校は私立の中高一貫校とは異なる勉強法をおこなっており、単純に暗記などの詰め込み教育というものより自身で問題を考えて自由な発想で問題解決をする能力を養うような教育方法をとっています。

公立と私立共に中高一貫校は、6年をかけてじっくり勉強をすることができ、深みのある人格を形成できる可能性が高くなります。